相続・終活セミナー講師|明石久美

エンディングノートと遺言書セミナー講師の依頼:白井市主催

LINEで送る
Pocket

白井ワーカーズコープ主催者「エンディングノートの書き方」セミナー

2014年7月8日(火)千葉県白井市で、白井ワーカーズコープ主催者「エンディングノートの書き方」セミナーを120分行ってきました。

 

「お元気倶楽部」の全6回講座の6回目の依頼でしたので、この回だけ参加したいという方もいらっしゃったようですが、出席者の大半は全6回受講している方ばかり。

 

そのため、和気あいあいとした雰囲気の中のセミナーになりました。

 

不思議なもので、白井市で行うセミナーは、我が家から約30分の場所で近いからか、家を出るのが遅くなってしまったり、うっかり乗り過ごしてしまったりしてしまいます。ほんとに油断しすぎです。

 

今回も白井市なので、乗り過ごさないように気を付けながら出発です。

 

20140708白井ワーカーズコープ_エンディングノートセミナー(講師:明石久美)

エンディングノートに残しておきたいこと

エンディングノートには、残しておきたいことだけではなく、残さないほうがよいこともあります。

 

そのためには、なぜ残したほうが良いのか、どうして残さないほうが良いのか、理由があったほうが分かりやすいものです。

 

それらを具体的な事例にして話をすることで、より一層理解してもらえます。

 

単に作成すると家族が困ってしまう可能性もあるエンディングノート。残す目的と残す内容の理由も分かったうえで残せるように話をしています。

受講者のアンケートでは

主催者の白井ワーカーズコープさんから後日連絡を頂き、参加された方々のコメントによると

 

  • とても楽しかった
  • 内容もわかりやすく、ためになりました
  • もっとお話を聞かせていただきたいです
  • 有意義なお話ありがとうございました
  • とてもおもしろくためになりました

 

と、とても喜んでいたと、うれしい言葉をいただきました。

 

20140708白井ワーカーズコープ_エンディングノートセミナー2(講師:明石久美)

 

 

 2014年7月8日(火)白井ワーカーズコープ(千葉県白井市)
エンディングノートの書き方

この記事を書いた人

明石久美

講師歴16年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP