相続・終活セミナー講師|明石久美

麗澤大学で「老い支度・終活」の10回講座の様子

LINEで送る
Pocket

千葉県柏市の麗澤大学で「老い支度・終活」講座

千葉県柏市にある麗澤大学で、生涯学習の10回講座が開講されました。定員15名満員でのスタートです。

 

『老い支度・終活のための基礎講座』ということで、エンディングノート、遺言、葬儀、お墓、成年後見、税金、年金、相続手続きなどの内容です。

 

司法書士、税理士、社労士、行政書士、FP、葬祭アドバイザーなどがそれぞれの専門分野をお話しします。

 

 

10回講座の内容

10回講座の内容は、

 

1.自分や家族が困らないための老い支度・終活準備
2.今話題のエンディングノート作成の注意点と作成方法
3.もしも家族が認知症になったときのために知っておきたい成年後見制度
4.こんなにある!相続の手続きあれこれ
5.来たるべき大増税時代に備えて
6.人生最後のセレモニー~知っておきたい葬儀知識
7.今から考えておきたい祖先のお墓・自分のお墓・祭祀承継
8.遺言書は必要?不要?事例で学ぶ遺言知識
9.遺族ならもらえる?知っておきたい年金知識
10.今までの総まとめ!これからの人生をよりよく生きるために
 

いつもは1回講座やセミナーのため、詳細の話ができなかったものが、10回講座ならある程度掘り下げて話しができるので、充実した講座になりそうです。

 

 

受講目的は

講座に申し込みした経緯を一人ずつお伺いしたら、みなさんちゃんとした目的を持っていらっしゃいました。
 
受講目的を聞いたら、

 

  • 身内に不幸があったときに大変な思いをしたから、自分のときは子供が大変な思いをしないように
  • 親の葬儀のときに葬儀社からエンディングノートをもらったので、そろそろ今後のことを考えようと思って
  • 親が認知症で聞きたいことも聞けないので、自分のときは子が困らないように色々準備しておこうと思って
  • もう、いい年齢なので考えようと思って
  • 子からエンディングノートをもらったので、どのように書けばよいのか参考になるかと思って

 

と、みなさん参加目的をしっかりもっていらっしゃいました。

 

 

2013年4月24日(水)10回講座 麗澤大学オープンカレッジ(千葉県柏市)
「老い支度」「終活」のための基礎講座 ~エンディングノート、遺言、祭祀、相続などについて学ぼう

この記事を書いた人

明石久美

講師歴16年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP