相続・終活セミナー講師|明石久美

自分と家族の老い支度・終活セミナーの様子:志木市ケアサポートしき

LINEで送る
Pocket

サービス付き高齢者向け住宅のケアサポートしきで終活セミナー

埼玉県志木市にある、サービス付き高齢者向け住宅の「ケアサポートしき」で、エンディングノートから考える自分と家族の老い支度・終活セミナーの講師を行ってきました。

 

入居している人と職員向けのセミナーです。

 

志木駅まで車で迎えに来てもらい、そこから約20分で到着。きれいな施設でした。1階がデイサービス、2~3階がサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)、4階がショートステイという作りです。

 

以前、京都の有料シニア施設でセミナーを行ったときは、ホテルのような感じで富裕層の方向けの施設でしたが、こちらは一般の方向けの施設です。

今後かかる費用のみならず、考えておきたいことがある

将来介護状態になる可能性を考えれば、介護施設が併設されている住宅なら安心です。特におひとりさまの場合はなおさらです。

 

しかし、サ高住といえどもそれなりに費用はかかります。生活費だけではなく医療費や介護サービス費などを含めると年金では足りない場合もあります。

 

毎月の不足分があるなら、やはりある程度の貯蓄は必要です。

 

長生きは、ある意味リスクにつながります。病気・介護などになるかどうかわかりませんが、もしそうなってしまったら別途お金がかかるのですから、備えておかくことは大切です。

 

今後かかる費用と貯蓄は、これからの人生、どのような生活をするのかに係わる重要な要素になります。キャッシュフロー表などを作成し、これからの人生、どのように生きていくのか、どのように・どこで・誰と暮していくのかなど、「生きがい・健康・お金」について、しっかり考えておく必要があります。

人生設計のみならず考えておきたいこともある

今回は、近隣の方々や入居している方々約20人くらいがいらっしゃり、エンディングノートを含め、今から考えておきたいことについて60分お話してきました。

 

お金があるかどうか関係なく、人は生きていれば必ず亡くなりますから、その時には葬儀や納骨などの供養のほか、役所の手続き、相続の手続きを誰かに行ってもらわなければなりません。

 

よく、お金がないから相続は関係ないという人もいますが、葬儀費用を自分の財産から支払ってもらうにしても、勝手におろせるわけではありません。

 

本人が亡くなった時点で相続人全員の共有財産になるため、葬儀を行ったからといってもらえるお金ではないからです。

 

何の準備もしていないと、行う人が困る場合もあるのです。

 

今後のために、行う人が困らないよう考え、準備しておくことも大切です。

 

今から何を行えばよいのかについて、話をしてきました。

 

 

  2014年11月16日(日)ケアサポートしき(埼玉県志木市)
エンディングノートから考える自分と家族の老い支度・終活

この記事を書いた人

明石久美

講師歴15年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP