相続・終活セミナー講師|明石久美

自分のために、家族のために何ができるのか|ケアマネジャー向け研修

LINEで送る
Pocket

ケアマネジャー向け研修

茨城県河内町ケアマネジャー連絡協議会で、「人生のエンディングプラン~自分のために、家族のために何ができるのか」の研修セミナーを行ってきました。

 

今回は福祉の仕事をしている方々が対象なので、一般の方向けとはちょっと視点を変え、サポートする側だからこそ知っておきたいことについての話です。

 

150216エンディングプランセミナー(河内町ケアマネジャー連絡協議会)講師:明石久美

福祉関係の従事者は相談者の人生そのものに影響を与えがち

実際に、福祉関係の仕事をしている人は、相談やサポートする方の”人生そのもの”に影響を与えてしまう内容に直面することがあるものです。

 

介護や成年後見だけではなく、死亡したときの葬儀、墓、死後の相続、そしてそのための対策として遺言書や相続対策など、幅広い分野のことが話題にのぼります。

 

その方のために何をしてあげればよいのか、行ってあげるならその方にとってプラスになることをなるべく伝えてあげたい。そう思っても、知識がなければ伝えられません。

 

まして、間違えた情報を提供してしまえば、それが相談者本人のみならず家族にも影響を与えてしまいかねません。

 

だからこそ、一般的に言われていることではなく実際はどうなのかを知っておく必要があります。

 

そうすれば、自分がアドバイスするとマイナスになりかねないから専門家に相談したほうがよいとか、この話ならしても大丈夫そうだとか、ある程度判断することもできるからです。

現場で業務を行っている人の話を聞くのが一番

福祉関係者と話をする生活者は、誰に相談してよいのか分からないことを、福祉関係者に相談するケースがあります。

 

まして、家族がいる方のみならず、家族がいても近くにいない方や、いわゆる「おひとりさま」など、いろいろな方がいるわけですから、その方たちの抱える問題も多岐にわたるため、どうしても幅広い知識が求められます。

 

そこで、生前・死亡・死後のことを幅広く知っている私が講師としてよく呼ばれます。

 

私は相続の業務を行っているため、遺言書作成、おひとり様支援、相続手続きなどの実務も行っていますが、葬儀や墓も詳しいのです。

 

全体がわかるからこそ、「どの知識を持っているとその方々に役立つのか」が分かるため、主催者や受講者が欲しい情報を提供できるという強みがあります。

 

「今回とても好評だったので、また来年お願いします」と、すでに来年の予約もいただきました。よりプラスになる情報を提供できるよう次回もセミナーを行いたいと思います。

 

150216エンディングプランセミナー2(河内町ケアマネジャー連絡協議会)講師:明石久美

 

 

2015年2月16日(月)河内町ケアマネージャー連絡協議会(茨城県河内町)
人生のエンディングプラン~自分のために、家族のために何ができるのか

この記事を書いた人

明石久美

講師歴15年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP