相続・終活セミナー講師|明石久美

死亡によって家族に与える影響の研修:ING生命保険会社

LINEで送る
Pocket

保険会社の若手社員向け研修

ING生命保険の若手社員向け研修で、「死亡によって家族に与える影響」について話をしてきました。

 

依頼内容は、「とにかく死について話して下さい」とのことでしたので、死についての話をしてきましたが、どうもピンと来ないのではと思い、最初に質問をしてみました。

 

  • 親が死亡したときに困ることは何ですか?
  • 自分が死亡したときに家族が困ることは何ですか?

 

おおざっぱな解答しかでてきません。

 

それもそのはずで、身内で不幸があっても祖父母や親戚だったりするため、ちょっと客観的な立場でしょうし、相続の経験もないのですから。

 

死亡によって周囲に与える影響

なので、やはり死亡したときに周囲に与える影響を通して、死について知ってもらうのが一番かと思い、家族の誰かが死亡するだけで、遺された人はどのようなことを行うのか、どのようなトラブル事例があるのかなど、これから保険を提案するときのヒントを多くお話してきました。

 

若手社員は、小手先のテクニックに頼ってしまうことがあるため、シニアを対象に保険の提案をするなら、シニアについてまずは知ることが大切です。

 

自分には多くの課題があるということを自覚してくれたのではと思います。

この記事を書いた人

明石久美

講師歴15年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP