相続・終活セミナー講師|明石久美

NHKラジオ第1に生出演してきました

LINEで送る
Pocket

NHKラジオ井戸端会議に生出演~エンディングノートの作成

NHKラジオ第1つながるラジオのラジオ井戸端会議 に生出演してきました。

 

テーマは、『別れの悲しみの準備はできていますか?』で「エンディングノートの作り方」について話をしてきました。

 

エンディングノートは色々なところで話題になっていたり配布されていたりしますから、今では「エンディングノート」について知っているもしくは手に取ったことがある人も増えてきました。

 

しかしながら、エンディングノートは残し方によってトラブルを招いたり、自分が不利益になったりすることもあるのです。

 

局へのお便りより

局に頂いたお頼りを聞く限りではエンディングノートに興味を持っている人は多く、気になっているけれど書いていないというコメントや、出来るところから書き始めているという人、相続のときに大変な思いをしたから絶対あったほうがよいと思うなど、残す家族への配慮が伺えました。

 

きっと書き残そうと思う気持ちはみなさん、家族が困らないようにとか大変な思いをさせないようにというものだと思います。

 

せっかくそう思って残すなら、本当にそのようなものにして残してほしいと思います。

 

書くこと自体を目的とせず、”何のために書くのか”を明確にし、その目的のために出来ることから書いていってほしいと思います。

 

20130226NHKラジオ(出演:明石久美)

NHKラジオ第1 つながる写真館より

 

2013年2月26日のNHKラジオ第1つながるラジオ ラジオ井戸端会議

『別れの悲しみの準備はできていますか?』「エンディングノートの作り方」

この記事を書いた人

明石久美

千葉県松戸市在住。セミナー講師歴16年。相続・終活コンサルタント、行政書士。相続専門の行政書士として実務も行っており、葬儀や墓など供養業界にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っている。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌等へのコラム執筆や監修、銀行や互助会(葬祭)向けの教材、著書など多数ある。   ◆相続相談、遺言書作成、おひとりさま準備、相続手続きは、『 明石行政書士事務所 』 へ

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP