相続・終活セミナー講師|明石久美

執筆|全国農業新聞「農家の継承」エンディングノート(葬儀)

LINEで送る
Pocket

全国農業新聞の農家の継承15残しておきたい情報と残す際の注意点(3)葬儀の情報

全国農業新聞の連載「農家の継承」。内容は相続や終活に関することです。2021年6月は「残しておきたい情報と残す際の注意点(3)葬儀の情報」を執筆しました。

 

エンディングノートには、要望より事実情報を重点的に残します。要望を実行したために家族が嫌な思いをしてしまう可能性があるからです。

 

要望やイメージは慎重に

たとえば葬儀の情報を残すなら、「〇〇葬」や「簡素に」などの要望やイメージは避けたほうが無難です。「家族葬」といっても、家族のみ、親戚含む、知人らも招くなど各々解釈が異なります。

 

また、費用も葬儀のみなのかお布施も含むのかあいまいなため、金額を残すなら葬儀社で作成してもらった見積書を残したほうが分かりやすいものです。

 

残しておきたいのは葬儀で必要になる情報

何より葬儀の項目で残しておきたいのは「葬儀で必要になる情報」です。依頼する葬儀社候補があるならその連絡先、菩提寺等があるなら連絡先や宗派、そして誰を呼ぶかで困らないよう訃報の連絡先や、すぐに必要になる遺影用の写真(アルバムなど)の保管場所も分かるようにしておきます。

 

もし、葬儀の要望で残しておくなら、図にあるような家族が困らない要望程度に留めておくほうが無難です。葬儀に関しては一方的に決めず、送る側の家族の意向も確認して決めたいものです。

 

 

210611農家の継承15残しておきたい情報と残す際の注意点(3)葬儀の情報(明石久美)

 

 

詳しい情報、書き方のポイントはこちら ↓

読んで使えるあなたのエンディングノート(水王舎)明石久美著書

 

 

 

この記事を書いた人

明石久美

千葉県松戸市在住。セミナー講師歴16年。相続・終活コンサルタント、行政書士。相続専門の行政書士として実務も行っており、葬儀や墓など供養業界にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っている。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌等へのコラム執筆や監修、銀行や互助会(葬祭)向けの教材、著書など多数ある。   ◆相続相談、遺言書作成、おひとりさま準備、相続手続きは、『 明石行政書士事務所 』 へ

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP