相続・終活セミナー講師|明石久美

相続対策セミナーの様子:FP向け研修

LINEで送る
Pocket

相続対策は税金対策だけではない

都内でFP向け研修として、相続対策セミナーを5時間行ってきました。

 

相続対策というと不動産や税金などの対策と思われがちですが、もっと色々あります。

 

相続は、財産だけを相続するわけではないので、さまざまなことを考えておかなければならないからです。

 

そのときになってあわてないように、事前に準備すべき事項を知り、準備対策が必要なものは先にしておいたり、そのときにあわてなくて済むような予備知識をもっておくことは大切です。

 

資格があるから専門家ではない

FPが学ぶ分野は広いのですが、意外と相続が苦手な人は多くいます。FPが資格取得するために学ぶ相続の内容が、相続実務として活用できるものではないからです。

 

何の資格でもそうでしょうが、資格を取得したからといってその分野の専門家ではありません。資格取得がスタート地点で、そこから実務で活かせるよう学んでいかなければならないからです。

 

相続対策は家族目線で

相続対策といっても、生前の相続対策から死亡後の相続手続きまで対象となるので、本人のみならず家族を巻き込む出来事です。

 

知っていると知らないでは雲泥の差ですから、まだまだ必要ないと思っているときに知識を得るようにしておく必要があります。

 

いよいよになってしまうと対策できなかったり、もっと早くなら大丈夫だったのにというときに、どうすることもできません。

 

「知らない」で損することのないようにしておきたいものです。

 

 

2012年8月19日(日)都内でFP向け相続対策セミナー研修

この記事を書いた人

明石久美

講師歴16年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP