相続・終活セミナー講師|明石久美

金融犯罪セミナーの様子:FP向け

LINEで送る
Pocket

サイバー犯罪の現状を知る

都内で「金融犯罪の現状と資産防衛術~詐欺からPC犯罪まで」の研修講座を、5時間行ってきました。

 

前半3時間はPC犯罪(サイバー犯罪)について、後半は、詐欺やカード犯罪などについてです。

 

普段から使っているパソコン。実は、やってはいけないことのほか、やらなくてはならないこともあります。

 

ウイルス対策ソフトを入れているから安心と思っていたら大間違い。

 

 

タイムラグがある

新型インフルエンザのワクチンを考えたら良くわかると思います。

 

ワクチンを作るのに時間がかかるため、その間は、自分で自己防衛してねということですが、パソコンの世界も全く同じ。

 

毎日数えきれないくらいのウイルスが作られ、それに対応するワクチンも作られているため、新型インフルエンザのようなウイルスが現れたらそれこそ無防備な状態の時間があるのです。

 

それなのに、ウイルス対策ソフトを入れているから安心と思っている人が多いのです。

 

 

被害者にも加害者にもなる

自分が被害に遭うだけならまだしも、第三者に迷惑をかける加害者になるケースがあるため、パソコンを使うなら、最低限の知識をもって対策することが必要です。

 

パソコンの話はちょっと難しいのが難点。

 

そもそものパソコン知識によって理解度が違うので教える側も難しいところなのですが、パソコンのお勉強をしているわけではないので、やるべきこととやってはいけないことを理解できればそれで良いと思います。

 

「自分の身は自分で守らなければ、誰も守ってくれない」と思って、対策することが大切です。

 

 

2012年9月23日(日)都内にて「金融犯罪の現状と資産防衛術~詐欺からPC犯罪まで」講座

この記事を書いた人

明石久美

講師歴16年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP