相続・終活セミナー講師|明石久美

成年後見・遺言・葬儀知識研修講師を終えて:FP向け研修

LINEで送る
Pocket

後見・遺言・葬儀・エンディングノート対策

FP向けに、老い支度入門~知っておきたい成年後見・遺言・葬儀知識の話を5時間行ってきました。

 

「相続」というのは幅広いため、実際は5時間で全てを学べるものではありません。

 

ですから今回は、成年後見、遺言書、葬儀、エンディングノートについての話しです。

 

生前にさまざまな準備や対策をしておくことで、後の相続が困らないこともあります。ですから、事前に知って、その上でどのようにすべきか考えることが必要なのです。

 

今回は、教える立場の人向けの研修でしたので、表面上のことではなく具体的なことに踏み込んでお話ししてきました。

 

 

知りたいことはテキストにはないもの

相続には「専門家」が多くいます。ですから、深い専門知識は専門家にお任せすべきですから、広く少し深い知識を持っていることも、役に立ちます。

 

「相続」と一口に言っても、遺産分割や相続手続きなどの死後の相続もあれば、生前に行っておく相続対策もあります。

 

幅広い相続ですが、生前にさまざまな準備や対策をしておくことで、後の相続が困らないこともあります。

 

やっぱり、「知りたいことはテキストの中にないこと」です。

 

本を買って読めば分かるような話を聞いても仕方ありませんから、成年後見、遺言書、葬儀、エンディングノートについて、事例や裏話盛り込みながらお話ししてきました。

 

 

2013年1月27日(日)東京ファイナンシャルプランナーズ(東京都内)
老い支度入門~知っておきたい成年後見・遺言・葬儀知識

この記事を書いた人

明石久美

講師歴16年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP