相続・終活セミナー講師|明石久美

茨城県稲敷市役所主催|成年後見制度と周辺知識セミナー講師の依頼

LINEで送る
Pocket

茨城県稲敷市役所で成年後見セミナー

茨城県稲敷市役所主催で、「知っておきたい成年後見制度と周辺知識~家族が知っておきたい知識とおひとり様の不安対策」セミナーの講師を120分行ってきました。

 

満席とのことで、多くの方が集まってくれました。

 

今回は2回中の1回目で成年後見、次回が遺言と相続の話です。

 

20140910茨城県稲敷市役所_成年後見セミナー(講師:明石久美)

認知症になってしまったとき活用するかもしれない後見制度

認知症になるかどうかなど誰にもわかりません。ですが、もしも認知症になってしまったときのことを考えておかなければなりません。

 

困るのは、自分自身だけではなく、家族も同様なのです。

 

認知症になってしまったときに利用するものの一つとして成年後見制度があります。

 

配偶者だから、子どもだからといって、本人の法律行為を代わることはできません。そうなると、成年後見制度を利用しなければならない場合もあるのです。

成年後見制度の利用で本人と家族が困る場合がある

しかし、この成年後見制度を利用することによって、本人も家族も困ることがあるのです。

 

誤解のないようにいっておきますが、もちろん、本人のために必要なときに成年後見制度を利用することは必要です。

 

しかし、後見制度を利用する前には、メリットのみならずデメリットなどについて、ある程度の知識を持っておかなければ家族が困る場合があります。

 

今回は、それらについてお話してきましたが、みなさん笑いながら、一生懸命聞いていらっしゃいました。

 

主催者の稲敷市役所の担当者からも、「先生にこんなこと言うのは失礼なのですが、先生、本当にお話上手ですね~。」と喜んでいただけました。

 

20140910茨城県稲敷市役所_成年後見セミナー2(講師:明石久美)

 

 

 2014年9月10日(金)茨城県稲敷市役所(茨城県稲敷市)
知っておきたい成年後見制度と周辺知識~家族が知っておきたい知識とおひとり様の不安対策

この記事を書いた人

明石久美

セミナー講師歴16年。相続・終活コンサルタント、行政書士。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌等へのコラム執筆や監修、金融機関や互助会(葬祭)向け教材の作成、著書など多数の実績があります。    ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP