相続・終活セミナー講師|明石久美

60代から始める老い支度|住友不動産主催お客様向けセミナー(千葉県木更津)

LINEで送る
Pocket

ショッピングモールの一角での終活セミナー講師

住友不動産主催のお客様向けセミナーで、「60代から始める老い支度・終活準備」のセミナー講師を行ってきました。

 

家族に迷惑をかけないために何をすべきかのお話です。

 

今回はリフォームや新築住宅関係会社の合同展示会の一角で椅子を並べての開催です。

 

会場がイオン木更津のショッピングモールのため、受講者が来るのかと心配でしたが、寂しくない程度に席が埋まり、受講者とすごく近い位置でのお話となりました。

 

何十人、何百人で行うセミナーも好きですが、少人数のセミナーも好きだったりします。間近で表情を見ながら話ができるので。

 

150411終活セミナー(住友不動産)講師:明石久美

終活セミナーは違和感ない範囲での不動産話がよい

不動産会社からのセミナー依頼は、たいてい不動産活用などの話を盛り込んで欲しいといった要望があるのですが、終活セミナーの場合、話の構成上とセミナーの持ち時間の都合上、そんなに時間を割けないのです。

 

とはいえ、要望があったときには少しだけですが、さりげなく不動産の話を盛り込みます。終活の準備をする上で関係する不動産の話なので、不動産対策といった内容ではありません。

 

押されると引くものなので、無理矢理話を入れ込むことはしないけれど、老後の準備をするうえで、住む場所の問題や自宅に住み続けるための環境作りなどが絡んだり、相続対策の話から不動産の話も当然出てくるので、そのような関連する話を取り入れています。

対策は総合的に考えて行うとよい

相続対策も終活準備も、どれかだけ対策すればよいものではなく、総合的に考えて必要なことを準備するのがベストです。

 

不動産も含めた財産の対策が必要な人は、そのような対策をすべきですが、財産の対策が必要ない人でも終活は必要です。

 

今回は誰もが気軽に足を運べる場所のため、財産の対策が必要ではない人でも聞けるような話にしました。

 

主催者の意図も汲みつつ、受講者のことも考えつつ構成しなければならないので、色々思案しているのですが、主催者と受講者ともに喜んでもらいたいという気持ちで話をしています。

 

150411終活セミナー2(住友不動産)講師:明石久美

 

 

2015年4月11日 住友不動産販売
60代から始める老い支度・終活準備

この記事を書いた人

明石久美

セミナー講師歴16年。相続・終活コンサルタント、行政書士。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌等へのコラム執筆や監修、金融機関や互助会(葬祭)向け教材の作成、著書など多数の実績があります。    ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP