相続・終活セミナー講師|明石久美

関東学院大学|エンディングノート講座講師依頼

LINEで送る
Pocket

大人向け生涯学習講座

神奈川県の関東学院大学関内キャンパスで講座を行ってきました。

私が担当したのは第3回目の「エンディングノートの書き方」です。

 

6回講座の1講座なのですが、FP6人がそれぞれ専門のお話しをするので、年金、不動産、金融、相続、ライフプラン、タックスなどその時々でテーマが変わります。

 

ここ数年、春と秋に八景島と関内のキャンパスで行っているのですが、今回は年齢層が若かったのにはビックリしました。

 

年齢が若いだけに、自分ごととしても親ごととしても考えたことがなかったようで、質問しても「考えたことがなかったので・・・」と戸惑う人もいましたが、準備の必要性は理解できたようです。

 

知って良かった

資産運用や遺言書の作成など生活に関する複数回講座の1つがこのエンディングノートだったため、この講座を受けようと思って受講したというより、講座の中に入っていたから受けてみたというのが実情のようです。

 

普段考えてみなかったことを質問され、答えられなかった人もいますが、現実として起こった時に、その判断を自分達家族が行わなければならないとき、本当に困るのだということを肌で実感してくれたようです。

 

親や配偶者のことについて何点か質問していくうちに、知っているようで知らない親や配偶者のことがたくさんあると分かっていただけたようです。

 

受講者の感想

  • 全く考えていない分野だったけど、いつ起こってもおかしくないのだと実感した。早めに姉と話し合っておこうと思った
  • 若いからということではなく、自分や親のためにできることがら行ってみます
  • 知らないってことがどれだけ怖いことなのか良くわかった。まだ関係ないと思ってたけど、自分達にふりかかる困りごとを知っているのと知らないのでは全然違うとわかった
  • 正直、興味がない講座だった。講座に入っていたので受講したが、休まなくてよかった。もっと明石先生の別のテーマも聞いてみたい
  • 親に聞かせたいので、再度行ってほしい

 

 

2013年5月28日(火)関東学院大学 関内キャンパス(神奈川県)

エンディングノートの書き方~知っておきたい事前知識と注意点

この記事を書いた人

明石久美

講師歴16年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP