相続・終活セミナー講師|明石久美

エンディングノートセミナー:FP向け研修

LINEで送る
Pocket

FP向けエンディングノート講座

ファイナンシャルプランナー向けの研修講座「あとからもめないためのエンディングノートの書き方」の講師を3時間行ってきました。

 

シニアと接する機会があるFPにとって、エンディングノートの知識を持っておくことは必要です。

 

しかも、注意点をしっかりと理解しておくことが大切なため、必要な部分、注意する点などの話をしてきました。

 

ポイントと注意点を知っておく

お客様との会話の中で、エンディングノートの話題になったとき、何をどのように伝えればよいのか分からないと、話題につなげたり、その話題から対策や準備をするとよいという話に持って行くことはできません。

 

お客様自身、エンディングノートには興味があるものの、どのように書いたらよいのかわからなかったり、どのようなエンディングノートが良いのか迷ってしまい結局書けなかったり、書いてみたけれどその内容では家族が困ってしまうものであったりすることもあります。

 

伝える側は正しい情報を発信する

伝える側としては、それなりに正しい情報を発信しなければなりません。

 

誤った情報を伝えてしまったり、自分の主観で考えを押し付けてしまったりしては、お客様の不利益になってしまいまねません。

 

何よりも、そのお客様の家族にまで迷惑をかけてしまう場合もあるため、作成する目的や残しときたいこと、残す際の注意点などについて知っておくことが大切なのです。

 

 

2013年10月17日(木)ビジネス教育出版社(東京都内)
「あとからもめないためのエンディングノートの書き方」

この記事を書いた人

明石久美

講師歴16年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP