相続・終活セミナー講師|明石久美

自分と家族のための葬儀セミナーの様子:JASSくらぶ会員向け

LINEで送る
Pocket

OB会向け葬儀セミナー

JASSくらぶさんで「後悔しない家族葬の準備とそのあり方を考える」セミナー講師を120分行ってきました。

 

葬儀に関する考え方は人それぞれです。しかし、何気ない発言や考えが、家族を困らせることもあります。

 

「分かっていてそう言っているのか」が大事だということです。

 

流行っているみたいだし、形だけでいいよ、費用なんてかける必要ない・・・。葬儀を行ってもらう側も、行う側も言っているのをよく耳にします。

 

何でそう思うのでしょうか。理由は何なのでしょうか。そのあたりを明確にしたうえで、そもそも何のために葬儀を行うのか考えてほしいのです。

 

20140218JASSくらぶ_成年後見セミナー(講師:明石久美)

家族葬の定義は何か

「家族葬」といいますが、どのような定義なのか知っているでしょうか。

 

もともと家族葬は、「知らない人たちを招いて行うのではなく、知っている人たちで送る」というものでした。

 

しかし、家族葬という言葉だけが広まってしまい、しっかりした定義も含めて広まったわけではないため、家族葬は「家族のみ」「親戚を含む」「友人らも招く」と分かれてしまいました。

 

葬儀社が定義をはっきりさせていないため、「家族葬」は混乱しがちなのです。

誰のための葬儀なのか

「安い葬儀でよい」という人がいますが、それはあなただけであって、他の人はそう思っていないかもしれません。

 

確かに、お金をたくさんかければよい葬儀になるわけではありません。心のこもった葬儀はお金をかけなくったってできます。

 

しかし問題なのは、その行った葬儀で後悔しないか否かです。

 

どのような葬儀にすれば、行う遺族の負担が少ないのかを考えることも大切です。

 

ただし注意しなければならないのは、家族のみで行えばよい、故人の友人らは呼ばなくてよいなどにすると、葬儀の後に来てくれる自宅への弔問対応に追われて負担になることもあります。

 

また、なにげない相手の一言で傷ついたり後悔したりすることもあります。

 

今回のセミナーでは、このような内容について話をしてきました。

 

セミナーの終了後、受講者の方々が帰りがけに、よかった、分かりやすかった、考えさせられたなど、たくさんの笑顔もいただきました。

 

20140218JASSくらぶ_成年後見セミナー2(講師:明石久美)

 

 

 2014年2月18日(火)JASSくらぶ(東京都)
「後悔しない家族葬の準備とそのあり方を考える」

この記事を書いた人

明石久美

講師歴16年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP