相続・終活セミナー講師|明石久美

人生の終活対策~葬儀・墓セミナーの様子:大田区消費者センター主催

LINEで送る
Pocket

大田区で葬儀・墓セミナー

東京都大田区の消費生活センターで、人生の終活対策~間違った準備をしないための葬儀・お墓知識のセミナー講師を120分行ってきました。

 

やはり葬儀やお墓の関心が高いのでしょう。近隣住民の方々が40人位いらっしゃいました。

 

よく言われていることと実際の違いや、考え方などを含め、裏話を盛り込んだお話でしたので、みなさん一生懸命メモを取りながら、時には笑い、うなづきながら話を聞いていらっしゃいました。

 

20141028大田区消費生活センター_葬儀・お墓知識(講師:明石久美)

「行う家族が困らないように」が大事

今では自分の葬儀やお墓について考え、事前に準備しておこうという人も多くなってきました。準備しておくことも大切です。ただしそれは、「行なう家族が困らない」という条件付きです。

 

自分で自分の葬儀は出来ない訳ですから、家族などに行ってもらわなければなりません。自分の要望を押し付けられても困るのは家族です。

 

ですが、「押しつけているつもりがない」という ”自覚がない” 人が多いのも事実。家族のために配慮した ”つもり” 、迷惑かけないようにと ”思って”という場合もあります。

 

さまざまな事が分かった上での”つもり”や”思って”ならよいのですが、今どきは〇〇な葬儀がよさそうだし・・・、流行っていそうだし・・・、という気持ちや理由で決めて葬儀を行ったとしたら、困るのは本人ではなく家族です。

 

反対に葬儀の準備を本人がしなかった場合でも、家族が同じように深く考えずに行い、かえって嫌な思いやわずらわしい思いをすることもあります。

何のために行うのか考えることが大事

今では葬儀も多様化しています。どの葬儀にするにしても、何のために葬儀を行うのかは考えてほしいものです。

 

嫌な思いや大変な思い、後悔をするのは、亡くなった人ではなく遺された家族だからです。

 

受講者の中には、実際にお墓問題を抱えていらっしゃる方、自分の葬儀をどうしようかちょうど考えていた方などがいらっしゃり、現在や将来に役立ったというお言葉を頂き、主催者の方にも喜んで頂けました。

 

20141028大田区消費生活センター_葬儀・お墓知識2(講師:明石久美)

 

 

 2014年10月28日(火)大田区消費生活センター(東京都大田区)
人生の終活対策~間違った準備をしないための葬儀・お墓知識

この記事を書いた人

明石久美

講師歴15年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP