相続・終活セミナー講師|明石久美

老い支度・終活準備のセミナーの様子:茨城県日立市らぽーる協会主催

LINEで送る
Pocket

日立市らぽーる協会でのセミナー

日立市らぽーる協会(日立市女性センター)主催で、家族に迷惑をかけないための老い支度・終活準備のセミナー講師を2時間弱行ってきました。

 

ちょうどこの日は台風接近中のさなか。出発したときは雨が降っていなかったのですが、日立に着いたときには雨風も強くなっていました。

 

そのような中でのセミナーだったので、来る人も少ないのかな・・・と思っていたら、50人くらいの人が来ていらっしゃいました。

 

20141005日立市らぽーる協会_終活セミナー(講師:明石久美)

エンディングノート作成には、残しておきたいこと、目的、注意点が大事

今日の話の内容は主にエンディングノートについてです。

 

自分の情報や要望などは、誰かに伝えておいたほうがよいものです。しかし、残し方を間違えてしまうと、それは単なる迷惑なノートにもなりかねません。

 

どのような情報を残しておくべきか、なぜそれを残しておくとよいのか。また、残さなくて良い情報はどのようなものか、なぜ残さないほうがよいのか。

 

そして、作成するときの注意点は何か、なぜ注意する必要があるのかなど、エンディングノートの作成の仕方や注意点のみならず、それぞれの項目についての知識もお話してきました。

受講者のアンケートを見ると

後日主催者さんからいただいた参加者からのアンケートでは、

 

  • そろそろエンディングノートを書こうと思っていたので、とても参考になりました
  • 背中を押して頂いたので、必ず少しずつ手掛けていきたい
  • 全て理由を含めて話をしてくれたので、腑に落ちました
  • 必要性がよくわかりました。早速作成してみます
  • エンディングノートがあるといいかな程度に思っていたけど、絶対あったほうが良いと分かった
  • 明石先生の話、おもしろいです
  • シリーズでやってもらいたい

 

などの感想を頂きました。

 

20141005日立市らぽーる協会_終活セミナー2(講師:明石久美)

 

 

 2014年10月5日(日)日立市らぽーる協会(茨城県日立市)
家族に迷惑をかけないための老い支度・終活準備

この記事を書いた人

明石久美

講師歴15年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP