相続・終活セミナー講師|明石久美

見落としがちな相続対策と情報対策セミナーの様子|旭化成ホームズ

LINEで送る
Pocket

旭化成ホームズ主催のお客様向けセミナー

旭化成ホームズ主催の「家族をつなぐ相続セミナー」の第1部として、『見落としがちな相続対策と情報対策~親の「もしも」で子はこう困る』のセミナー講師を行ってきました。今回は横浜駅近くの会場です。

 

ハウスメーカー主催のため、地主さんや不動産を持っている方が多くいらっしゃいましたが、近隣の方々もお越しいただいたようで、多くの人が真剣に聞いていらっしゃいました。

 

141123相続対策と情報対策(旭化成ホームズ横浜)講師:明石久美

 

相続対策は税金対策の話がメインのケースが多いのですが、相続税がかかるうちだけが相続対策を行えばよいわけではありません。

 

それ以外にもどのような対策をすればよいのかについて知っておく必要があります。今回はそのようなお話しです。

困るのは親本人よりも子供

親に何かあった時に困るのは、親本人だけではなく子供もそうです。相続対策や税金対策をすることで家族が困らずに済むことはありますが、それがすべてではありません。

 

お金の対策だけしておけば、家族は困らないわけではありません。

 

だからこそ、相続税がかかる・かからないに関係なく、今後の事を考え、自分が行うべきことは何なのか、どこまで準備すべきなのかを知り、財産の対策だけではなく情報の対策もしておくことが大切なのです。

 

「うちには関係ない」「自分には必要ない」と思っている方は会場にいらっしゃいませんから、みなさん自分や家族のために何かしら考えておこうという意識の高い方々ばかりでした。

きっかけがないと考えない人は多い

普段エンディングや死、死後のことについて考えることはしないものです。このようなセミナーで話を聞くことで、考えるよいきっかけになります。

 

あまり考えることのないことだからこそ、考えるきっかけがあるとよいのです。

 

生きていれば起こるかもしれないこと、確実に起こることなど多くあります。自分でできないことを誰に行なってもらうのか、そして行ってくれる人は困らないのか考え、必要に応じた対策をしておくことは大切です。

 

受講してくださった方々は、みなさんうなづきながら一所懸命聞いてくださっていました。

帰り際に、

  • とても参考になった
  • 考えてみなかったけど言われてみればそうだと気付いた
  • 話を聞けて本当に良かった

など、多くの言葉をいただきました。

 

141123相続対策と情報対策(旭化成ホームズ横浜)講師:明石久美2

 

旭化成ホームズ(神奈川県横浜市)
見落としがちな相続対策と情報対策~親のもしもで子はこう困る

この記事を書いた人

明石久美

講師歴15年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP