相続・終活セミナー講師|明石久美

10-3成年後見セミナーの様子:水戸県民大学

LINEで送る
Pocket

認知症になってしまうと困ること

認知症になってしまうと、契約判断が難しいこともあったりしますので、不利益な契約をしてしまったり、悪質な業者に騙されてしまうこともあります。さらに、日常の生活にも支障をきたす事さえあります。

 

もちろん、契約が出来ないということは遺言書の作成もままなりませんし、財産対策をしておくことも難しくなります。

 

家族が近くにいるから、もし認知症になってしまったときには家族が何とかしてくれると思っている人もいるのですが、契約行為は家族といえども本人に代わって行うことはできません。

 

家族がサポートできる範囲なら良いのですが、認知症が進んでしまうと、家族ではできないことが多くあり対応できなくなってきます。

 

成年後見制度のデメリットを知る

成年後見制度を利用する機会があるかもしれません。ところが成年後見制度には、メリットもあればデメリットもあります。

 

「認知症=成年後見制度」というわけではありませんので、成年後見制度の制度そのものを知っておくことのほか、成年後見制度を使用することで家族に与える影響なども知っておく必要があります。

 

「もしも」のときに困らないように、認知症になることで自分や家族がどう困るのか、成年後見制度はどういう制度なのか、メリット・デメリットは何なのかなどを事前に知っておくと安心です。

 

20130625水戸県民大学-成年後見セミナー(講師:明石久美)

 

 

2013年6月25日(火)水戸県民大学(茨城県水戸市)10回講座

書いて安心!幸せエンディングノート~今からはじめる老い支度と終活準備

第3回 家族が認知症になったときのために知っておきたい成年後見制度

この記事を書いた人

明石久美

講師歴15年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP