相続・終活セミナー講師|明石久美

死ぬ前にやっておきたい手続きのすべて(水王舎)4冊目の著書

LINEで送る
Pocket

著書:死ぬ前にやっておきたい手続きのすべて

2016年11月に、明石久美の4冊目の書籍「死ぬ前にやっておきたい手続きのすべて」が水王舎から出版されました。

 

内容は、次の5部構成+ふろくのエンディングノートになっています。

  • パート1 自分と家族のための事前準備
  • パート2 金融機関口座・契約関係手続き
  • パート3 争議やお墓に関してやるべきこと
  • パート4 相続に関してやるべきこと
  • パート5 「おひとりさま」の死ぬ前に必要な準備
  • ふろく あなたのエンディングノート

 

死ぬ前にやっておきたいこと

自分では絶対にできないことが、この先確実に発生します。残された家族がそれをやるときに困らないよう、今から少しずつ考えておく必要があります。

 

葬儀のこと、墓のこと、利用している預貯金口座、遺言書を作るか否かなど項目は多岐にわたります。

 

だからといって、何でも準備すればよい訳ではありません。自分に必要だと思う準備をすればよいのです。

 

それにはまず、どのような準備をすればよいのかを知る必要があります

 

また、「おひとりさま」の場合は、別途プラスアルファの準備が必要ですので、おひとりさまの場合はこの項目で知識を得ていただきたいと思います。

 

ご縁で4冊目を出版

同年4月に3冊目『家族が亡くなる前にやっておくべきこと(PHP研究所)』を出版したばかりだったため、当分出版はないだろうと思っていたら、編集さんが水王舎さんと出版の話を決めてきたと連絡があり、急きょ作成することになりました。

 

構成などのたたき台を編集さんが考えてくれ、ライターさんに流れをつけてもらい、それを書き直しするといった形で仕上げました。

 

どうしても、葬儀や墓、相続などは細かい知識や言い回し、ニュアンスなどが微妙に違うだけで訂正になるため、ライターさんには申し訳ないけれど、全部私が書き直しをするので、どんな内容を書くのかだけわかるようにしてもらいました。

 

出版までの時間があまりなく、しかも出張が多い時期だったこともあったため、出張中のホテルにも原稿が届き、ホテルや移動中の電車やバス内でも原稿修正するなど、かなりハードな日々でした。

 

ですが、4冊すべて、出版社と編集さんのおかげで出版できたものなので、本当にありがたいことです。

 

世の中、本を出したくても出せない人がいる中、特に自分から望んで出版したいと働きかけたわけではなく、お話をいただいて出すことができた4冊目です。

 

編集さんと出版社、そして関係者の皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

ご興味がありましたら、手に取っていただけるとうれしい限りです。

 

 

死ぬ前にやっておきたい手続きのすべて
死ぬ前にやっておきたい手続きのすべて(水王舎)

この記事を書いた人

明石久美

千葉県松戸市在住。セミナー講師歴16年。相続・終活コンサルタント、行政書士。相続専門の行政書士として実務も行っており、葬儀や墓など供養業界にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っている。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌等へのコラム執筆や監修、銀行や互助会(葬祭)向けの教材、著書など多数ある。   ◆相続相談、遺言書作成、おひとりさま準備、相続手続きは、『 明石行政書士事務所 』 へ

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

関連記事RELATED ARTICLE

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP