相続・終活セミナー講師|明石久美

正しい情報を見極める知識と目が必要(その2)

LINEで送る
Pocket

他者の意見も確認する

色々なセミナーを受講して情報を得ることは大切ですが、他の人はどう思っているのかを知ることも大切です。他の家でも大変な思いをしているんだとか、私はこうしようとか、色々考えるきっかけにもなります。

 

ただし、デメリットもあります。よく知らないことや間違えた情報を、さも正しいのだとばかりに主張して押し付ける人もいるからです。

 

自分自身はどうしたいのか、それについて家族は困らないのだろうかなど、さまざまな角度から考えた上で決めていくことが大切です。

 

なんとかなるだろうと思っていても、本当になんとかなるかどうかは分かりません。これでいいだろうと思っていても、家族が迷惑だと思うことだってあるのです。きっと大丈夫と思っていても、残念ながらということもあります。

自分の発言が相手に与える影響を考える

自分で知っているつもりでも知らないことってたくさんあるんです。私も含めて専門家の先生だって、自分の専門以外のことは詳しくないものです。専門家として携わっている業務だって、全て網羅的に詳しい人なんてそうそういません。

 

ですから、断定的な発言をするときには裏づけが必要なんです。間違えた知識を振りまいてしまっては、相手に迷惑をかけてしまいます。これは専門家だけに限らず、ごく一般の人もそうです。

 

自分の発言を押し付けたり、ねじまがった解釈を正そうとしなかったり、間違えた知識だと気付こうともせず自分の考えは正しいのだと主張したり、世の中にはいろいろな人がいます。

 

ただ、どのような場合であれ、無責任な発言で、相手に迷惑をかけることもあるいうことだけは知っておかなければなりません。

何が正しいのかは自分で判断する

受信する側も、一般の人の発言に対して、本当にそれは正しいのだろうか、本当にそうなんだろうかと思うことも大切です。

 

専門家ではないのだったら、その内容についてよく分かっていない状態で話をしていることだってあります。

 

10のうち、3しか知らない知識で発言されても、残り7の部分にどんなリスクがあるのかわからないのです。

 

何が正しいのか、自分自身で判断していく「自己責任」の世の中なのです。マイナスに作用しないように気をつけることも大切です。

この記事を書いた人

明石久美

講師歴15年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP