相続・終活セミナー講師|明石久美

女性セブンで「おひとりさまの対策」のコメントが掲載

LINEで送る
Pocket

八千草薫さんと「おひとりさま対策」

女性セブン2019年9月12日号で『 八千草薫 がん闘病で緊急入院!「隣人介護」を選んだ切実』という記事の中で、「おひとりさまについての対策」についてコメントをしました。

 

八千草薫さんの例を題材に、このような場合はどうなのかと、お題をいろいろ頂き、それに回答した感じです。

 

八千草薫さんは、身寄りがいらっしゃらないとのこと。その場合の遺産相続はどうなるのか、知人に介護等をお願いしている場合、その方たちが財産をもらえるのか、など、何も対策しないケースと、できたらこのような対策をしておきたいという内容についてお答しました。

 

女性セブン2019年9月12日号 八千草薫 がん闘病で緊急入院!「隣人介護」を選んだ切実

不安を抱えているおひとりさまは多い

最近は、”おひとりさま”で不安を抱えている方が多くいらっしゃいます。

 

私の事務所にも、多くの『おひおりさま』や『子がいない夫婦』がいらっしゃいます。

 

”おひとりさま”といっても、実は相続人がいるケースもあれば、天涯孤独の方もいらっしゃいます。

 

頼れる身内がいないからどうしようという人もいれば、頼れる人はいる予定なのだけど、どのような準備をしておいたらいいかなど、”おひとりさま”といえども、相談者は広範囲です。

 

どちらの場合も、先々のことを考えておく必要があります。

誰かに必ず行ってもらわなければならないことがある

例えば自分が死亡したとき、誰に葬儀や納骨を行ってもらうのか、遺品の整理はどうするのか、健康保険証など役所への手続きなどはどうするのかなど、死亡後に行うことは色々とあります。

 

それだけではなく、もし、身体が不自由になってしまったり判断能力が低下してしまったら、誰に、どこで面倒を見てもらうのかなども考えておかなければなりません

 

その人の状況によって対策することが違いますので、まずはどのような準備対策が必要なのか知ることが大切です。

 

そして折を見て、準備対策をしておけば、安心できます。

この記事を書いた人

明石久美

千葉県松戸市在住。セミナー講師歴16年。相続・終活コンサルタント、行政書士。相続専門の行政書士として実務も行っており、葬儀や墓など供養業界にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っている。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌等へのコラム執筆や監修、銀行や互助会(葬祭)向けの教材、著書など多数ある。   ◆相続相談、遺言書作成、おひとりさま準備、相続手続きは、『 明石行政書士事務所 』 へ

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP