相続・終活セミナー講師|明石久美

日経新聞「相続、親の財産どこに・いくら」にコメントしました

LINEで送る
Pocket

親に財産の話をしたいけれど・・・

2021年8月7日の日本経済新聞「相続、親の財産どこに・いくら」の記事でコメントが掲載されました。

 

親に財産のことを聞くって、子供からすると結構ハードルが高かったりします。私もよくセミナーの受講者から質問を受けます。「どうやったら親から財産に関する話を聞くことができるのか」と。

 

受講者が良く言うのは、親に財産の話をしたら「オレに早く死んでほしいのか!」と言われたとか、「財産を当てにしてるのか」と言われたなど、「そういうつもりじゃないのに・・・」がうまく伝わらない、伝えられないという悩みです。

意図が伝わりにくい

「ただ単にどのような財産があるのか分かるようにしてほしい」とか、「このままだと相続手続きが大変だから、遺言書を作成してほしい」とかであって、財産を当てにしてるわけではないのに、と。

 

親子の関係がよければまだ子供は聞きやすいけれど、親が遺産目当てと勘繰ったり、財産については口を閉ざしたりする場合もあります。

一見無関係な話からするとよい

そのようなときは、知り合いにこんな人がいてねと他人の例を持ち出したり、入院したときに備えて医療保険の契約書を分かるところに保管しておくよう頼んだりするなど、相続と離れたことから話すのが一案です。

 

親子だからこそ、財産の話が難しい場合があります。第三者から助言されたほうが聞き耳を持ってくれやすいので、可能ならセミナーに一緒に参加したり、テレビの特番を一緒に見たり、子供が言いにくい内容を伝えてくれるようなツールを活用するのもひとつかもしれません。

 

 

210807日本経済新聞_相続、親の財産どこに・いくら(コメント掲載:明石久美)

この記事を書いた人

明石久美

千葉県松戸市在住。セミナー講師歴16年。相続・終活コンサルタント、行政書士。相続専門の行政書士として実務も行っており、葬儀や墓など供養業界にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っている。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌等へのコラム執筆や監修、銀行や互助会(葬祭)向けの教材、著書など多数ある。   ◆相続相談、遺言書作成、おひとりさま準備、相続手続きは、『 明石行政書士事務所 』 へ

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP