相続・終活セミナー講師|明石久美

週刊女性|終活ノート特集を監修

LINEで送る
Pocket

2021年10月5日発売の週刊女性10月9日号の特集「終活ノート書くべきは3つ」にて、終活ノートについての取材を受け、その記事の監修もしました。

 

「エンディングノート」を知っている人は多くいますが、実際にエンディングノートを活用できている人はそう多くありません。

 

実際に書こうと思うと、面倒なものです。年を取ればなおさら文字が見にくく書くのも大変なため、後回しにしてしまう人もいます。

 

エンディングノートに作成する項目は、「これだけは家族に知らせときたいこと」です。とはいえ、要望ではなく事実情報が優先。「本人が亡くなった時に家族が困る情報」をまずは残しておく必要があるからです。

 

家族は本人が所有している情報をすべて知っているわけではありません。だからこそ、あえてその情報を分かるようにしておく必要があるのです。

 

エンディングノートや終活ノートに書いてもよいですし、口頭で伝えられるものは家族に伝えておくのでもよいのです。

 

今回は、3つに絞って残したい情報についてお伝えしました。

 

211005週刊女性10月9日号_終活ノート書くべきは3つ(表紙)明石久美 211005週刊女性10月9日号_終活ノート書くべきは3つ(明石久美)1

 

 

詳しい情報、書き方のポイントはこちら ↓

読んで使えるあなたのエンディングノート(水王舎)明石久美著書

この記事を書いた人

明石久美

千葉県松戸市在住。セミナー講師歴16年。相続・終活コンサルタント、行政書士。相続専門の行政書士として実務も行っており、葬儀や墓など供養業界にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っている。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌等へのコラム執筆や監修、銀行や互助会(葬祭)向けの教材、著書など多数ある。   ◆相続相談、遺言書作成、おひとりさま準備、相続手続きは、『 明石行政書士事務所 』 へ

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP