相続・終活セミナー講師|明石久美

毎日新聞社主催|終活・シニアライフセミナー講師の様子

LINEで送る
Pocket

毎日新聞社主催で終活・シニアライフセミナー講師

毎日新聞社デジタルメディア局主催の「終活・シニアライフセミナー」にて、「自分と家族のための老後支度・終活準備~介護・認知症、突然の死、自分や家族が困ることとその備え」として、午前、午後と2回にわたり講師を行ってきました。

 

4部構成のトップバッターとして、全体像の話しの講演依頼をいただき、「これからどのような準備対策を行っていけばよいのか」について、注意点も含めて話をしてきました。

 

 

第1部の私が終活の全体像の話、そして2部以降は、介護施設、葬儀、相続と続きます。

 

20160723終活・シニアライフセミナー(毎日新聞社)講師:明石久美

スポンサー講師と外部講師の違い

講師の中で私だけが外部講師。あとの3人は、読売新聞のスポンサー(広告主)企業の社員が話をしていました。

 

スポンサー会社の講師は、自社のアピールも兼ねた内容になりますが、私は中立な立場での話です。

 

持ち時間が40分という短い時間でしたので、詳細までお話しすることはできませんでしたが、みなさん笑いながら楽しく聞いてくれました。

 

スポンサーさんのことも考えて行うセミナーはかなり気を使いましたが、今後に備えてこれを行っておくとよいという「全体像」の話しをしつつ、スポンサーさんが話をする内容に少し触れて、「詳細はそのセミナーで話をされると思いますので、しっかり聞いてください」と振ったりしながら、場の雰囲気を盛り上げて次につなげるなど、自分の役割はこなせたのではないかと思っております。

毎日新聞に様子がUPされてました

セミナーの様子が毎日新聞社にUPされていました。

 

講演のプログラムは、相続・終活セミナー講師として活躍する明石久美氏(明石シニアコンサルティング)による「終活全般」の話題からスタート。終活の目的を明確にすることの大切さを強調し、当事者目線で身近な例を挙げながら、親しみやすい語り口でポイントを解説していました。

詳細はこちらをご覧いただけるとうれしいです。

毎日新聞社デジタルメディア局主催 「終活・シニアライフセミナー」開催レポート
http://mainichi.jp/sp/syukatsu2016/article/seminar_report01.html

 

 

2016年7月23日(土)毎日新聞社デジタルメディア局主催
終活・シニアライフセミナー
自分と家族のための老後支度・終活準備~介護・認知症、突然の死、自分や家族が困ることとその備え

この記事を書いた人

明石久美

セミナー講師歴16年。相続・終活コンサルタント、行政書士。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌等へのコラム執筆や監修、金融機関や互助会(葬祭)向け教材の作成、著書など多数の実績があります。    ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP