相続・終活セミナー講師|明石久美

積水ハウスお客様向け老い支度セミナーの様子

LINEで送る
Pocket

積水ハウス主催の老い支度セミナー

埼玉県熊谷市のホテル会場で、60代から始める老い支度~家族に迷惑をかけない為にしておきたい準備のセミナーを90分行ってきました。

 

不動産会社主催のお客様向けセミナーで、今回は埼玉北支店からのご依頼、「資産防衛対策セミナー」として2部構成、1部が老い支度、2部が税金対策のお話しです。

 

20131214積水ハウス_老い支度セミナー1(講師:明石久美)

 

老い支度知識もあると役立つ

地主さんやオーナーさんで、相続税がかかることをあらかじめ知っている人は税金のことをよくご存知ですが、今後のためにしておきたいその他の準備については、あまり知らない人のほうが多いものです。

 

不動産会社からのセミナーご依頼の場合、「不動産対策の話を入れてほしい」という要望がある主催者と「不動産気にせずお話しください」という主催者がいます。

 

どちらにしても依頼に応じた内容にしますが、あまり不動産のことを前面に押し出しすぎると、受講者はよい気がしないものです。ですから、控えめな内容でお話しをします。

 

老後の準備のお話しは、生前対策のお話しでもあります。その対策は不動産が主になるわけではありませんが、どうしても死後のお金の話をするときには、さまざまなトラブル対策をしておく必要があるという内容のお話しもします。

 

そのときに、どうしても不動産対策の話はでてくるのです。税金対策の話しにも保険の活用にも不動産対策の話は紐づいてきます。

 

総合的な内容から、やっぱり不動産の対策も必要だよねと気付くものです。

 

不動産だけに目を向けないように

私たちは生活している中で、不動産のことだけを考えているわけではありません。ちょっとした日常の困ったことや、今後どのようなこで困るかもしれないのかなど、色々なことが気になるのです。

 

その一部分だけをクローズアップして対策が必要だといわれても、物足りなさを感じてしまうのではないでしょうか。

 

「結局は不動産会社のセミナーだから不動産の関連話ばっかりだよね」とか、「不動産を勧められるのではないか」と思われたら、不動産対策話を聞きなれた人や、不動産に興味がない人は足を運びません。

 

講師もそうですが、「話したいことを話す」のではなく、「聞きたいことを話す」ということが大切なのだと思います。

 

20131214積水ハウス_老い支度セミナー2(講師:明石久美)

 

 

2013年12月14日(土)<資産防衛対策セミナー> 

積水ハウス株式会社 埼玉北支店(埼玉県熊谷市)

60代から始める老い支度~家族に迷惑をかけない為にしておきたい準備

この記事を書いた人

明石久美

講師歴15年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP