相続・終活セミナー講師|明石久美

終活セミナーの様子:柏市光が丘ふるさと協議会主催

LINEで送る
Pocket

柏市光ヶ丘ふるさと協議会で終活セミナー

千葉県柏市の光ヶ丘ふるさと協議会で、老いじたく・終活セミナーとして、「老い支度・終活準備~自分や家族が困らないために」 を行ってきました。

 

6回講座の5回目が担当だったのですが、この回のみの参加や当日参加の方もいらっしゃったようで、総勢60人ちょっとの方が受講してくださいました。

このような内容のセミナーは、今までは女性が多かったのですが、最近は男性も興味を持つようになりました。自分の今後について考えておこうという意識が高まったのかもしれません。

20140111柏市光ヶ丘ふるさと協議会_老い支度セミナー(講師:明石久美)

少しの配慮で家族が困らなくなる

ほんの少し配慮してあげたら回避できただろうに・・・ということがあります。しかし、配慮するにしても、何をどのように配慮すればよいのかが分からなければ難しいものです。

 

また、きっかけが大事だったりしますので、セミナーを受講するのはいい機会になるものです。

 

自分が困ったときに相談できる先を探すにしても、いざそのときに探すとなると大変です。しかし、事前に何が困るのかが分かれば、今から相談できる先を見つけておいたり、気にしておいたりすることも出来ます。

 

相談できる先がわからない

世の中に「専門家」は大勢いますが、「何の専門」なのかは外からでは分からないこともあります。税理士、行政書士、弁護士・・・いろいろな資格がありますが、どの先生だって専門分野や得意分野があります。

 

その資格を持っているから、その業務のことは何でも知っているだろうと思ったら大間違いです。

しかも、その先生との相性も大切です。

専門家に頼らずに済むことがあるかもしれませんし、専門家を選べないこともあるでしょう。
ですがが、専門家に頼らなければならないこともあります。
地域によって異なりますが、例えば葬儀。

葬儀社は葬儀に関する専門家です。

場面場面で、色々な専門家と関わりあうこともあります。
福祉の専門家、葬儀の専門家、相続の専門家・・・など、生きている今、死亡したとき、死亡後のことなど、さまざまな出来事があります。

事前に知識を持ち、自分はどうしたいのか、どうすべきなのかなど、考えておくことも必要です。

そのときに何とかなるだろう!と思っても、何ともならなかったらどうするのでしょう。

「今できることを今行う」ということも大事です。

 

20140111柏市光ヶ丘ふるさと協議会_老い支度セミナー2(講師:明石久美)

 

 

2014年1月11日(土)老いじたく・終活セミナー

柏市光ヶ丘ふるさと協議会(千葉県柏市)

老い支度・終活準備~自分や家族が困らないために

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP