相続・終活セミナー講師|明石久美

シニア向け大学-終活講座の様子:流山市ゆうゆう大学(中央公民館)

LINEで送る
Pocket

流山市ゆうゆう大学で終活セミナー

千葉県流山市が行っているゆうゆう大学という2年生のシニア大学で、「老い支度~家族が困らないためにしておきたい準備」セミナー講師を120分行ってきました。

 

流山市の公民館で行うセミナー5箇所目、流山市中央公民館で開催です。5箇所同じテーマでしたが、どこの会場も皆さん熱心に聞いてくださり、うれしい感想も多くいただきました。

 

流山市の公民館5箇所で行いましたが、それぞれ色があったり空気感が違ったりしましたが、この中央公民館にいらっしゃった生徒さんは、すごく元気。

 

セミナーのお話しの中でも、笑うところは笑ってくれたり、うなづくところはうなづいてくれたりするので、話す側としては、とても話しやすかったです。

 

20140121流山市ゆうゆう大学_終活セミナー(講師:明石久美)

 

今から行っておきたい準備は意外と多い

老後の準備といっても、相続対策のようなものだけではなく、日常に起こる出来事への対策も含まれています。

 

相続対策は、財産をどうするのかの対策(遺産分割対策)や相続税の対策が該当しますが、これはこの対策が必要な人は行うべきです。

 

しかし、相続対策が必要ない人でも、日常に起こる出来事への対策は行っておく必要があります。

 

どのような準備や対策を行っておくとよいのかについては、セミナーで詳しく話をしました。

 

  • 考えてみなかったけど、準備をしておく必要があるのだと知って目からうろこだった
  • ちょっとした対策をしないと困ることがあるのだと初めて知った
  • 行える準備は今から始めたいと思った

 

との感想をもらいました。

 

同世代の仲間がいるとよい

それにしても、同世代の仲間が周囲にいるということは、とてもよいことだと思います。

 

シニアならではの困りごとや、親に関する介護や葬儀、相続などの経験談というのは他の人にも参考になりますし、ちょっとしたときの知識として役立ったりプラスになることも多くあるからです。

 

講座で学んだ内容をきっかけとして、出来ることから今後のために準備してほしいと思います。

 

アンケートの結果は後日いただけるということなので、心待ちにしています。

 

20140121流山市ゆうゆう大学_終活セミナー2(講師:明石久美)

 

 

 2014年1月21日(火)流山市ゆうゆう大学(千葉県流山市)

「家族に迷惑をかけないための老後準備」

この記事を書いた人

明石久美

講師歴16年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP