相続・終活セミナー講師|明石久美

フコク生命主催|グループ形式の終活セミナー(第1回目)依頼の講師の様子

LINEで送る
Pocket

フコク生命主催のグループ形式の終活セミナー(第1回目)講師

千葉県印西市にあるフコク生命の絆プロジェクトで、終活について考えるセミナー講師を行ってきました。

  • 第1回目は「今から始める老い支度・終活」
  • 第2回目は「エンディングノート作成と注意点」

の2回講座です。

 

今回は第1回目。「今から始める老い支度・終活」についてのセミナーです。

 

今回の開催目的は、「地域の絆を深める」ということもあったため、受講生同士コミュニケーションがとれるようにグループになって行いました。

 

ご夫婦や親子での参加や、お友達と一緒の方、おひとりででいらっしゃった方などさまざまで、年齢層も30代から70代までと幅広く、その年代や立場での意見を聞けるのは、グループの皆にとって参考になるものと思います。

普段考えないことだからこそ考える

今から始める老い支度・終活セミナーは、今後どのような準備をしておけばよいのか「全体像」についての話。

 

家族がこうなったらどんなことが困るだろうか、よくこう言う人がいるけど自分だったらどうかなど、普段考えないことについて考えてもらうきっかけにもなります。

 

そもそも、なぜ今後の準備をすべきなのか、準備をしないとどのようなことが困るのかなどについて説明し、生、死、死後のことなど幅広く考えてもらいました。

 

普段考えないことだからこそ、言葉が出てこない人もいましたが、それが大事なのです。きっかけがないと考えないものですから。

グループワークは他者の考えを知るよい機会

自分の想いと他の人の想いを比べてみると、そういう考えもあるのかとか、自分の考えはちょっと間違っているのかなとか、そこから色々思いめぐらせてもらえるのも良い点です。

 

グループの場合、時間内に終わらせるため進行が大変ですが、フコク生命の社員さんが後ろのほうで聞いてくれていたので、グループのサポートもしてもらいながら進行できました。

 

次回2回目はエンディングノートの作成の仕方や注意点。短い時間なので実際にエンディングノートを作成してもらうことは出来ないけれど、よく陥りがちな注意点を多く盛り込みながら進めていきます。

 

 

2015年6月6日 フコク生命 絆プロジェクト
今から始める老い支度・終活

この記事を書いた人

明石久美

講師歴16年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP