相続・終活セミナー講師|明石久美

エンディングノートセミナーの様子:玉川地域社会福祉協議会

LINEで送る
Pocket

エンディングノートセミナーに300人

東京都世田谷区の玉川地域社会福祉協議会主催で、「今から始める老い支度と終活準備~自分らしいエンディングノートとは」のセミナー講師を、玉川区民会館ホールにて90分行ってきました。

 

当日受付だったので何人来るかわかりませんでしたが、主催者の玉川地域社会福祉協議会は100人くらいと想定して資料の準備をし、前列に座るようテープで仕切りをし席を案内していました。

 

ところが、開始してもどんどん人数が増え、話をしている私も確認できるほど、席の仕切りテープが後ろにずれていくのです。結局300人位の人がお集まりくださったようです。

 

さすがに予定よりも3倍の人数が来たため、資料の印刷が間に合わず、資料なしで受講した人もいたようです。

 

20140225世田谷区玉川地域社会福祉協議会_エンディングノートセミナー(講師:明石久美)

書く際の注意点は知っておきたい

エンディングノートは書き方を間違えるとトラブルの元になります。

 

そのため、作成するなら「家族が困らないように」「自分自身が不利益にならないように」など、色々なことを考えて残さなければなりません。

 

それには、葬儀、お墓、資産状況、相続手続き・・・などについてわかったうえで作成するのが望ましいのです。

 

全てを知ることは難しいのですが、注意するポイントをわかっているだけで随分違います。

 

90分という短い時間で全てを伝えることは難しいため、特に気をつけてほしい点について、理由も含めてお話ししてきました。

 

やはり大切なのは、「なぜなのか」の理由です。「そういうことだから書いたほうがいいんだ」、「そういうことなら書かないほうがいいな」ということが分からないと、作成する人自身が理解したり判断したりしにくいからです。

受講者の声

帰りのロビーで受講者の方とお会いしたときに、

 

「感動して涙が出ました」

「分かりやすかった。今後のために書いてみます」

「自分本位の要望を残すノートだと思っていたけど言われてみれば違うね」

 

とさまざまな感想をいただけました。

 

感動的な話はしていないのだけど、率直な感想はやはりうれしいものです。

 

20140225世田谷区玉川地域社会福祉協議会_エンディングノートセミナー2(講師:明石久美)

 

 

 2014年2月25日(火)東京都世田谷区玉川地域社会福祉協議会(東京都世田谷区)
「今から始める老い支度と終活準備~自分らしいエンディングノートとは」

この記事を書いた人

明石久美

講師歴15年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP