相続・終活セミナー講師|明石久美

悪質商法の手口と対策セミナーの様子:FP向け研修

LINEで送る
Pocket

悪質商法の手口と対策講座

「悪質商法の手口と対策」講座を、東京都内のビジネス教育出版社で3時間行ってきました。

 

FPの継続研修講座のため、受講者はFPです。単位取得が目的の1つでもあるため、単位を必要として受講した人、内容に興味があって受講した人など、色々な方がいらっしゃいます。

 

講師としては、話し甲斐がないなと思う面もありますが、何かしら役に立つ情報を持ちかえってもらいたいという気持ちでお話しています。

知っておきたいことは3つ

最近は、テレビでも特番があるように、詐欺関係の話題が多く取り上げられています。

 

セミナーの中では特定商取引法を中心にお話するので、振り込め詐欺などの話題はほとんどふれませんが、まずは相手の手口を知ることが何より大切です。

 

騙している側(業者)は、常に人と接しているため、たまたま遭遇した私たちが太刀打ちできるなどありません。

 

悪質商法の対策として知っておきたいことは

 

  1. 相手にいかに係わらないようにするか
  2. かかわってしまったときにいかにうまく逃げるか
  3. 騙されてしまったときにどうすればよいのか

 

の3つを知っておくことが大事です。

他の人の経験談も参考になる

騙された人は、騙されたとは言わない傾向にあります。恥ずかしい、馬鹿だと思われたら嫌だと思うからです。反対に、騙されそうになった人は教えてくれます。被害に遭っていないからです。

 

一番知りたいのは、どうして騙されたのか、どうやって騙されたのかの部分です。しかし、そこを知ることは難しいものです。ですから、具体例を通してどのように対処すればよいのかイメージできれば、いざというときに防ぐことも可能です。

 

 

 

2014年9月18日(土)ビジネス教育出版社
悪質商法の手口と対策

この記事を書いた人

明石久美

講師歴15年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP