相続・終活セミナー講師|明石久美

PHPくらしラク~る♪の監修

LINEで送る
Pocket

もしも突然遺産相続騒動に巻き込まれたらの監修

PHP研究所出版の、PHPくらしラク~る♪ 「金持ち老後は手に入る」の特集の中で、『もしも突然遺産相続騒動に巻き込まれたら』を6ページ(見開き3ページ)監修しました。

 

監修といいつつほぼ修正したので作成みたいなものですが、相続のキホン、トラブル事例ケース、遺産相続のポイント、準備しておきたいことなどについて、書かれています。

「まさか」の相続トラブルもある

実際に相続になったとき、トラブルになるケースは多くあります。我が家は仲が良いからとか、うちに限ってと思っている家でさえ、遺産相続トラブルに発展することは珍しくありません。

 

裕福な家よりも、ごく一般的な家庭のほうがトラブルに発展するケースも多いため、もしかしたら…と念のため考えておくことは大切です。

 

相続は、知らない人がソンをしてしまうものでもあります。もっと早く知っていたら、それなら事前にこうしおけばなど、後で悔やんでも遅いのです。

遺言書を作成するかどうかは本人の判断になりますが、遺言書を作成していたとき、作成していないとき、それぞれ自分に降りかかるかもしれないことを知っていれば、対処することもできます。

「相続」の基本的なことは知っておくとよい

まずは、基本的なことについて知っておくとよいものです。

その他この本では、「家計」、「脳科学」、「片づけ」、「占い」、「そうじ」など、さまざまなジャンルのスペシャリストの記事が載っています。ご興味があるかたは、参考までにどうぞ。

 

201704くらしラク~る♪金持ち老後は手に入る

この記事を書いた人

明石久美

講師歴16年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP