相続・終活セミナー講師|明石久美

いつでも元気6月号の終活講座|エンディングノート(医療その1)

LINEで送る
Pocket

エンディングノートに残しておきたい情報(医療その1)

全日本民主医療機関連合会(全日本民医連)の月刊誌「いつでも元気」。2021年6月号の終活講座Lesson13は、エンディングノートに残しておきたい情報の2回目として「医療」について執筆しました。

 

医療情報は積極的に残しておきたい項目ですが、事実情報なのか要望なのかによって違います。

 

病歴やかかりつけ医、アレルギー情報などの事実情報はしっかり残しておきたいものですが、要望に関しては注意点があります。

 

医療で関係する要望としては、「延命治療」や「余命の告知」などが該当しますが、これらは本人の要望もさながら、家族が判断しなければならない可能性があるからです。

 

だからおこそ家族と話をし、自分の要望を伝え家族はどう思うのか確認する場があるとよいのです。もし話し合いができない場合は、エンディングノートに書き残すことになりますが、その場合には自分目線だけで考えて残すのではなく、家族の立場も考えたうえで残すのが大切です。

 

また、なぜそう思うのかの理由を書いておくことが大切です。理由が分かったほうが家族が判断しやすいからです。

 

そのような注意点を中心に、残しておくとよい情報と注意点についてまとめました。

 

2021年6月号_13エンディングノート2医療その1(いつでも元気表紙)明石久美 2021年6月号_13エンディングノート2医療その1(いつでも元気)明石久美

 

この記事を書いた人

明石久美

セミナー講師歴16年。相続・終活コンサルタント、行政書士。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌等へのコラム執筆や監修、金融機関や互助会(葬祭)向け教材の作成、著書など多数の実績があります。    ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP