相続・終活セミナー講師|明石久美

執筆|全国農業新聞「農家の継承」相続手続きは困ることが多くある

LINEで送る
Pocket

全国農業新聞の農家の継承9相続手続きは困ることが多くある

全国農業新聞の連載「農家の継承」。内容は相続や終活に関することです。2020年12月は「相続手続きは困ることが多くある」を執筆しました。

 

相続手続きは期限があるものもあります。また、相続人が認知症だったり手続きしている最中に死亡してしまったりする場合もあるため、早めに済ませる必要があります。

 

相続手続きで行うこと

相続手続きで最初に行うことは、財産と相続人の確定です。預貯金、不動産、有価証券、借入金、未払金などを調べるとともに、相続人確定のため、本人(被相続人)の出生時から死亡時までのすべての戸籍謄本を取得する必要があります。

 

現在の本籍地役場にあるすべての戸籍謄本を取得し、その前にも本籍地があればその役所で同様に取得し、出生時の本籍地までさかのぼって取得します。相続人全員の戸籍謄本も必要です。

 

最近は、「法定相続情報証明制度」を活用することで、相続人の確定をする戸籍謄本等の束を用紙1枚で代用できるようになりました。相続人の関係図を作成し、相続人確定書類(戸籍謄本等)とともに法務局に持参することで、作成した相続関係図を相続人確定書類の代用として認証してもらえるからです。

 

手続きに期限があるものもある

次に、相続放棄をする場合は、相続があったことを知った時から3か月以内に家庭裁判所へ申述しなければなりません。一部のみの放棄はできず、相続放棄が確定したら取消しもできません。なお、相続放棄しても死亡保険金は受け取れます。

 

所得税の申告が必要なら4か月以内に準確定申告を、相続税の申告が必要なら10か月以内に行います。もし遺産分割が終わっていない場合は、小規模宅地等の特例(8割減評価)や配偶者の税額軽減(1億6千万円か法定相続分まで無税)などが利用できず、一旦多くの相続税額を納税しなければならない場合もあります。

 

財産があっても無くても相続手続きは必要になります。相続人が困らないよう、情報を残しておくことが大切です。

 

 

 201211農家の継9相続手続きは困ることが多くある

 

 

  • 2020年12月11日 農家の継承9 相続手続きは困ることが多くある
  • 2020年11月13日 農家の継承8 おひとりさまが準備したいこと
  • 2020年10月9日 農家の継承7 認知症の相続人がいる場合
  • 2020年9月11日 農家の継承6 遺言でできない対策は民事信託で
  • 2020年8月14日 農家の継承5 遺言書は不備のないように注意
  • 2020年7月10日 農家の継承4 墓じまいに四つの選択肢
  • 2020年6月12日 農家の継承3 葬儀で後悔する人が増えている
  • 2020年5月15日 農家の継承2 法定後見制度の落とし穴
  • 2020年4月10日 農家の継承1 今後起こる困りごとはいっぱい

この記事を書いた人

明石久美

セミナー講師歴16年。相続・終活コンサルタント、行政書士。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌等へのコラム執筆や監修、金融機関や互助会(葬祭)向け教材の作成、著書など多数の実績があります。    ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP