相続・終活セミナー講師|明石久美

婦人公論8/10号監修|モノの整理より情報の整理

LINEで送る
Pocket

ものを減らすより、お金の情報をひとまとめに

何度か婦人公論に協力していますが、今回の婦人公論2021年8月10日号は、「終活ーいまを豊かに生きるために」の中の『ものを減らすより、お金の情報をひとまとめに』に協力し掲載されました。

 

最近は、物の整理を終活ととらえている人もいます。確かにモノの片付けも大切ですが、モノを片付けたからといってそれが「終活」になるわけではありません。

 

大切なことはモノの整理ではなく情報の整理

「終活」をするなら、モノの整理のみならず「情報の整理」をすることです。

 

相続手続きをする際に、必要な書類を探すのが大変なケースがあります。どこにしまってあるのか引き出しの中を探し回ったり、新しい年度のものを見つけたりしながら、必要なものをそろえなければならないのです。

 

どこに何があるのかが分かればあちこち探さなくてもすぐに情報がわかるため、そのような整理はしておきたいものです。

 

 

210727婦人公論8月10日号終活-いまを豊かに生きるために(表紙)明石久美 210727婦人公論8月10日号終活-いまを豊かに生きるために1(明石久美)

この記事を書いた人

明石久美

セミナー講師歴16年。相続・終活コンサルタント、行政書士。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌等へのコラム執筆や監修、金融機関や互助会(葬祭)向け教材の作成、著書など多数の実績があります。    ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP