相続・終活セミナー講師|明石久美

執筆|全国農業新聞「農家の継承」自治体や民間のサービスの活用

LINEで送る
Pocket

全国農業新聞の農家の継承21 自治体や民間のサービスも活用できる

全国農業新聞の連載「農家の継承」。内容は相続や終活に関することです。2021年12月は「全国農業新聞農家の継承21 自治体や民間のサービスも活用できる」を執筆しました。

市区町村役場で発信している情報

市区町村役場では様々な情報を発信しています。ネーミングはいろいろですが、例えば市民便利帳や高齢者いきいきガイドなどがあります。

 

それらの情報には、各種相談先、介護申請の方法や福祉に関する情報、緊急通報サービスの貸与、コミュニティー情報やボランティア情報など多くの情報が掲載されています。

 

また、広報やチラシには講座や相談会の情報などもあるります。チェックしておけば、必要な情報を見つけやすくなり、いざというときに頼る相手先にもなります。

民間のサービスも活用できる

自宅で独り暮らしは不安などの場合、見守りサービスの活用もできます。

 

宅配業者が配達の時に見守ってくれるものもあれば、機器を室内に設置してセンサーで見守ってもらうものなど、今では多種多様なサービスが展開されています。

 

安否確認を行ってもらいたい、生存確認だけを行ってもらいたいなどのニーズにも対応しています。

 

 

 

 

この記事を書いた人

明石久美

千葉県松戸市在住。セミナー講師歴16年。相続・終活コンサルタント、行政書士。相続専門の行政書士として実務も行っており、葬儀や墓など供養業界にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っている。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌等へのコラム執筆や監修、銀行や互助会(葬祭)向けの教材、著書など多数ある。   ◆相続相談、遺言書作成、おひとりさま準備、相続手続きは、『 明石行政書士事務所 』 へ

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP