相続・終活セミナー講師|明石久美

JA共済連で終活を取り入れた顧客アプローチの研修依頼

LINEで送る
Pocket

JA共済連の営業向け研修

仙台の会場で、JA共済連の営業向けに研修講師を120分行ってきました。JAでは、支店長向け、営業向け、コールセンター担当者向け、窓口担当者向けなど、いろいろな研修を行っておりニーズもさまざまです。

 

支店長向けでは、今後の営業方針を決める際の参考として、コールセンター担当者向けには成年後見制度の話し、窓口担当者向けには筆跡を利用した顧客とのコミュニケーション、ほかにも上司・部下とのコミュニケーションなどさまざまです。

 

今回は営業向けに、終活を取り入れたお客様へのアプローチについて話をしてきました。

シニアが興味ある話題でコミュニケーションを円滑に

 営業さんが担当するお客様の中には高齢者の方もいらっしゃいます。その高齢者がどのようなことで困ったり悩んだりするのかを知っていれば、話題として取り上げることができます。

 

高齢者の”あるある話”ができれば、コミュニケーションも取りやすいでしょうし、家族の情報を知る機会にもつながります。

 

だからこそ高齢者本人、そして家族にどのようなことが起こるのか、どのようなことを行っていかなければならないのかを知ることが第一です。

今現在の自分の課題にも向き合う

研修では、自分の課題を知り、今後どうしていこうと思っているのかについても考えてもらいます。

 

研修が始まる前に現状と課題を書き出してもらい、研修を受けた後、どのような気づきがあったのか、課題をクリアするために今何をするのかかど具体的に書いてもらいます。

 

ただ話を聞いているだけではなく、研修前に課題を明確にすることで、話を理解しようとする効果も得られますし、話を聞いたうえで研修後に行うことを具体的にすることもできます。

 

 

研修の様子

 

 

2018年12月18日(火)JA共済連山形
終活を取り入れたお客様へのアプローチ

この記事を書いた人

明石久美

セミナー講師歴16年。相続・終活コンサルタント、行政書士。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌等へのコラム執筆や監修、金融機関や互助会(葬祭)向け教材の作成、著書など多数の実績があります。    ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP