相続・終活セミナー講師|明石久美

講演依頼|老い支度セミナーの様子:ならコープ

LINEで送る
Pocket

今後起こりうることを知る

ならコープにて、「老い支度」~自分や家族が困らないための準備~についてのセミナー講師を行ってきました。

 

本人の場合は生きているときに、家族の場合は本人に関する支援や本人亡き後のことが対象になりますが、困らないようにしておきたい準備はいくつかあります。

 

まずは、今後起こりうることを知ることが大切なため、それを知ったうえで必要な対策をしていかなければなりません。

 

もちろん、家族構成によって行う対策は異なりますが、事前に何を行えばよいのか分かるだけで行動に移すことも可能です。

 

 

受講者のアンケートより

  • 葬儀の話はとても参考になりました。安ければいいというわけではなく、それなりのもの、質であるということ。裏の事情とかかわり、業者との話、相談の仕方など勉強になりました。
  • 親の葬儀は経験しているが私か配偶者のどちらが先かわからない。自分の事はわかるが配偶者は?と考えさせられた。
  • エンディングノートに場合によっては書かない方がよいこともあるという事。具体的にわかりました。
  • エンディングノートの書き方(家族、親族間のもめごと等)の話を聞いたのは初めてで、とても参考になりました。
  • これからかかるお金等の話が参考になりました。
  • 現在70歳代前半です。エンディングノートを作りたいと思いました。
  • 各項目について非常に具体的に説明していただいてよくわかった。

 

2012年6月1日(金) ならコープ(奈良県奈良市高の原) にて

この記事を書いた人

明石久美

千葉県松戸市在住。セミナー講師歴16年。相続・終活コンサルタント、行政書士。相続専門の行政書士として実務も行っており、葬儀や墓など供養業界にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っている。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌等へのコラム執筆や監修、銀行や互助会(葬祭)向けの教材、著書など多数ある。   ◆相続相談、遺言書作成、おひとりさま準備、相続手続きは、『 明石行政書士事務所 』 へ

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP