相続・終活セミナー講師|明石久美

國學院大學の学生向け|エンディングノート講座の講師

LINEで送る
Pocket

國學院大學の学生向けエンディングノート講座

渋谷にある國學院大學で、学生向けにエンディングノート講座を行ってきました。コロナ禍のため収録です。

 

学生向けのため、学生がエンディングノートを書けるようにするという内容ではなく、今シニア世代での世の中の現状を知ってもらったり、シニア世代がなぜエンディングノートを活用するのか、活用する際の注意点など、背景も含めて知ってもらうのが目的です。

終活と相続を知り、全体像がわかるからこそ話せる内容

エンディングノートを知るには「終活」を理解しておく必要があります。講師である明石自身、「終活」という言葉ができたときには今のような終活を行っていたことと、友人らと共に終活を広めた一人でもあるため、終活業界の推移を見てきました。

 

また、エンディングノートがどのように広まったのかもわかっています。

 

実務では相続業務を行っており、葬儀業界などにも詳しいため、どのような情報を残しておくとよいのか、また、どのような情報は残さないほうがよいのかが分かります。

 

エンディングノートは、親自身が作成するケースが大半ですが、実際に実行援助するのは家族です。その家族が困らないように作成する必要があるのですが、それには残す項目(病気、介護、葬儀、墓、財産、遺品、趣味嗜好など)についてもある程度しっておくことが大切です。

なぜこの情報を残すと家族が困るのか、なぜこの情報がないと家族が困るのかなど、そのあたりもしっかりと理解しておくことが大事です。

講座の内容

約60分の講義時間でしたが、次のような内容で行ってきました。

 

(この講義でわかること)

  • 終活の推移と現状
  • シニアが行っておきたい終活の準備
  • 情報がないと家族が困るということ
  • どのような準備をしておくとよいのか
  • 準備するときの注意点
  • 想像以上に書くのは大変ということ

 

(目次)

  1. 「終活」の推移
  2. 「終活」の現状
  3. 本人・家族に起こるかもしれないこと・起こること
  4. 情報をエンディングノートに残しておく
  5. ワーク:エンディングノートへの書き込み
  6. 残しておきたい情報
  7. 残す際の注意点
  8. さいごに

 

 

 

 

2021年6月21日 國學院大學(学生向け)
エンディングノートについて知識を持つ

この記事を書いた人

明石久美

セミナー講師歴16年。相続・終活コンサルタント、行政書士。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌等へのコラム執筆や監修、金融機関や互助会(葬祭)向け教材の作成、著書など多数の実績があります。    ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP