相続・終活セミナー講師|明石久美

葬儀・墓セミナーの講師依頼:NACS千葉分科会

LINEで送る
Pocket

情報に踊らされないための葬儀とお墓

NACS千葉分科会向けの終活研修セミナー

消費生活アドバイザーや消費生活コンサルタントの方々で構成されている「NACS」の千葉分科会では、今年度のテーマが「葬儀とお墓」。

 

消費生活アドバイザーや消費生活コンサルタントは、アドバイザーとして一般消費者として、発信する立場と受信する立場の両方の視点から物事を捉えていかなければなりません。
何気ない発言によって相手に不利益を与えてしまう立場になることもあります。

 

ですから、まずは巷であふれている情報が正しいのかどうか、自分が思っていたことが確かなのかなどを知ることからはじめなければなりません。

 

 

消費者が気になっている葬儀と墓を知る

終活によって、消費者も「葬儀」や「お墓」は気になっています。しかし、今まであまり語られることのなかった分野なので、詳しく知る機会もありません。

 

しかし、終活ブームによって葬儀や墓の情報を発信する人が増えたことにより、誤った情報も多く出回るようになりました。

 

何が誤っているのか、どのような点に注意が必要なのか、現状を知らなければ、消費者トラブルを未然に防ぐことはできません。

 

 

中立だからこそ思う疑問点

講師である私自身も消費生活アドバイザーの資格を持っています。私自身は消費生活アドバイザーをメインで活動しているわけではありませんが、メインで活動している皆さんは、常に消費生活に関する情報を収集しブラッシュアップしています。

 

ただ1点思うことは、どうしても消費者目線になりがちなこと。それが良いか否かではありませんが、私自身、消費者の立場でも、葬儀社や石材店など業者の立場でも物事を見られる中立な立場であるため、業者を「悪」とするものの見方に偏りがちな傾向であると感じます。

 

これは、消費生活アドバイザーなどの集まりに参加したときもそう感じました。

 

今回のセミナーでは、意外と思っていることと違うことにビックリしつつも、今年度どのようなことを課題に進めていけばよいか、考える良いきっかけになったのではないかと思います。 

 

2012年5月26日(土) NACS千葉分科会(千葉県千葉市) にて

 

この記事を書いた人

明石久美

講師歴16年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP