相続・終活セミナー講師|明石久美

茨城県龍ヶ崎市役所主催|成年後見制度と悪質商法対策セミナー講師の様子

LINEで送る
Pocket

茨城県龍ヶ崎市役所主催で成年後見制度と悪質商法の手口・対策セミナーの講師

茨城県龍ヶ崎市役所主催で市民向けに、上手な年の重ね方講座の講師を行ってきました。3回講座の1回目と3回目が私の担当です。

 

毎回好評とのことで、龍ヶ崎市役所からは毎年オファーをいただいているため、その都度お越しになる見慣れたお顔もチラホラ。

 

今回1回目は、財産を守るために知っておきたい成年後見制度と悪質商法の手口・対策として、2時間お話してきました。

 

150515成年後見制度と悪質商法の手口と対策セミナー(龍ケ崎市役所)講師:明石久美

意思能力を立証するのは難しい

判断能力が低下すると悪質な業者から騙されやすくなります。家族がいくら「いつもは認知症ぎみなので騙されたに違いありません!」と言ったところで、本当に契約時に意思能力がなかったのかわかりません。

 

よく介護認定のときに、「いつもはできないのにケアマネさんが訪問してきたら、妙にシャキっとしてしまって」という話を聞いたことがあると思います。それと同じで、第三者を目の前にしてシャキっとしてしまって購入してしまったかもしれません。

 

様子をビデオカメラで撮っていれば分かるでしょうが、契約したそのときに判断能力がどうだったのかは、「いつもはできない」だけでは立証のしようがありません。

 

契約してしまってもすぐに気づけばクーリング・オフできますが、あまりにも頻繁に物品を購入してしまったりサービスの契約をしてしまったりすると、クーリング・オフでは対応できない場合もあります。

 

必ずしも契約したからといって物品があるとは限らないからです。

成年後見制度の利用を間違えない

このような、判断力が低下していて業者と頻繁に契約するため、契約できないように財産を守りたいという場合、「成年後見制度」を活用しようと思う人がいるかもしれません。

 

この成年後見制度は、判断力が低下している人の代理をしたり同意をしたりできる制度ですが、この制度も良い点ばかりではなく、利用したばかりにおこるマイナス面もあります。

 

悪質商法や詐欺に騙されることが多いから、財産を守るために成年後見制度を利用しようというのなら、「ちょっと待った」です。

 

成年後見制度を利用するなら、メリット、デメリット、利用するタイミングなど色々なことを理解してから使用しなければ、あとで後悔してしまいます。

 

そこで今回は、悪質業者の手口や対策のみならず、成年後見制度のメリットやデメリットなどについて、「財産を守るための対策」というような内容の話をしてきました。

 

150515成年後見制度と悪質商法の手口と対策セミナー2(龍ケ崎市役所)講師:明石久美

 

 

2015年5月15日 茨城県龍ヶ崎市役所
財産を守るために知っておきたい成年後見制度と悪質商法の手口・対策

この記事を書いた人

明石久美

講師歴16年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP