相続・終活セミナー講師|明石久美

老い支度セミナーの様子:コープながの

LINEで送る
Pocket

老い支度~自分や家族が困らないための準備

 

コープながの主催で約300人が参加

コープながの主催の「くらしの見直し講演会」で、「老い支度~自分や家族が困らないための準備」の講演講師を行ってきました。ホクト文化会館(長野市)での開催でしたが、約300人の方が参加してくださいました。

 

まだまだ先かもしれませんが、いざというときに自分や家族が困らないよう、今から考え、必要な準備はしておきましょうという内容です。

 

なかなか目を向けたくないことかもしれませんが、実際には先々のことを考えておいたほうが、自分自身も困らずに済むものです。どのような準備をしたらよいのかは、セミナーの中で具体的に話をしますが、みなさんやるべきことが分かったと言ってくださいます。

 

コープながのの会報誌より

後日、コープながのさんから頂いた会報誌では、次のような内容が掲載されていました。

 

「自分のエンディングについて考えることができ葬儀準備の大切さに気づかされました」

 

ホクト文化会館(長野市)において、コープながの共済センターが「くらしの見直し講演会 老いじたく」を開催し、組合員をはじめ一般の方々を含む約300人が参加しました。

 

講師に明石久美 氏をお招きし、具体事例を多数交えながら、今まであまり考えてこなかった自分の将来を考えることの重要性について教えていただきました。

 

 

冒頭、明石氏は会場の参加者へ「自分が病気で意思表示ができなくなったら、認知症になってきたら、突然死亡してしまったらなど、万が一のときに家族や親族が困る場合があることを考えたことがありますか」と問いかけ、自分のエンディングについて今のうちに考えておく必要があると話されました。

 

また、エンディングノートなどで自分の意思を形に残しておくと、「もしも」のときに自分の希望に添ってもらえたり、家族を守ることができるなど、具体的なトラブル例とエンディングノートの活用方法による対策を説明してくださいました。

 

続いて、「葬儀」について、送る側(家族や親族、関係者)の気持ちをも踏まえたうえで自分がどうしたいのかをしっかりと考える必要があることを話され、葬儀費用や葬儀社選定などについて生前に知っておくことや準備することの大切さについて述べられました。

 

最後に、まだまだ必要ないから!と言えるときであれば、また元気なときだからこそ、自分のエンディングに対する準備や対策ができると講演をまとめられました。

 

120215コープ長野(長野)講演会の様子(明石久美)

 

参加者からは、「自分や家族が困らないための準備をするきっかけになりました」等の感想が出されました。とご連絡をいただきました。

 

2012年2月15日(水)コープながの(長野県長野市)にて

この記事を書いた人

明石久美

講師歴15年。相続専門の行政書士として相続実務も行っており、親族が葬祭業のため供養関係にも詳しいことから、終活や相続に関する一般向けセミナーや企業研修を全国で行っています。 また、テレビやラジオの出演、新聞・雑誌・週刊誌へのコラム執筆や監修、保険・銀行等金融機関や互助会(葬祭)向け教材、著書など多数の実績もあります。  ◆明石行政書士事務所にて『終活・相続・老い支度相談所』 も開設。

この著者の記事一覧

コメントは受け付けていません。

LINEで送る
Pocket

実績豊富なプロが相続・終活に向けて今すべき準備やアプローチ方法を伝授

さっそく問い合わせる さっそく問い合わせる arrow_right
PAGE TOP